2014年01月25日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 159 $の勝ち & 映画「ハリー・ポッターと賢者の石」のレビュー

今日は昼から雨みたいです!?(゚〇゚;)マ、マジ...

天気がわるいなら面倒くさいな~(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

先輩との約束があっからな~キーック!![壁]*`0´)θ☆)メ゚皿゚)⌒"▼▼ ポロッ!!
まあ、いいか♪
キャンセルだ(・∀・)9 おうっ!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

映画って本当に面白いですよね~
だから映画の感想を紹介したいと思います!!!!ψ(`∇´)ψ ウキョキョキョキョ
とは言ってもyahooレビューですがψ(*`ー´)ψ ゥヶヶ


本日は「ハリー・ポッターと賢者の石」の感想を紹介したいと思っていますヶヶヶ!Ψ(`∀´Ψ)( `∀)( `)( )(´ )(∀´ )(Ψ`∀´)Ψヶヶヶ!


この映画の製作年は2001年です!!!

監督はクリス・コロンバスで、脚本がスティーヴ・クローヴスです!!^(ノ゚ー゚)ノ☆パチパチ☆ヾ(゚ー゚ヾ)^

この映画の主役はダニエル・ラドクリフ (ハリー・ポッター)、ルパート・グリント (ロナルド・ウィーズリー)です。・・・( ̄  ̄;) うーん

取り敢えず、この映画の出ている人列挙するとダニエル・ラドクリフ (ハリー・ポッター)、ルパート・グリント (ロナルド・ウィーズリー)、エマ・ワトソン (ハーマイオニー・グレンジャー)、リチャード・ハリス〔男優・1930年生〕 (アルバス・ダンブルドア)、マギー・スミス (ミネルバ・マクゴナガル)、アラン・リックマン (セブルス・スネイプ)、イアン・ハート (クィレル)、ロビー・コルトレーン (ルビウス・ハグリッド)、フィオナ・ショー (ペチュニア・ダーズリー)、ジョン・クリーズ (ほとんど首なしニック)って感じですね。V(○⌒∇⌒○) イエーイ

凄く面白かったです!あたしはハリーポッターの世界の事は

何も知らずに、先に映画を見たので

すが、内容もちゃんとつかめました。



今まで魔法なんて馬鹿らしいなんて考えを

持っていましたが、これを見て夢を

与えられました。



しかし後々小説を読んで見ると、かなりカットされた所が

あったり、登場人物の特徴が無視されていたりしたのが

目につきました。



この辺が小説ファンの方にとって許せなかったので

しょうか?あと、展開がとても早くて、

小説を読んでない人にとっては少し話に

ついて行きにくい所があると思います。





その辺で-1です。



でもとても大好きな映画です!次回作も期待しています。





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

麻雀の役って一杯ありますよね~ヽ(゚◇゚ )ノヽ( ゚◇゚)ノ ウキャキャウキャキャ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は七対子に焦点を当てたいと思います。( ̄∇ ̄)


二翻役の1つ。

普通は面子が4つの雀頭1組から成るのが役であるが、七対子(チートイツ)は例外の1つでしょう。

元々はアメリカで生まれ、「緑一色」と共に日本へ逆輸入された役。

トイツ(同じ牌が二つある状態)を7つ揃えることで役が成立し、
覚えやすいが作りにくく単騎待ちになるんですので少々あがりにくい。

けれども、必ず面前(メンゼン)手になり、立直をかけて裏ドラが乗れば
2枚は確定だから点が伸びやすく、タンヤオなども絡むと更に伸びる。

また、単騎待ちでしょうため、リーチ(立直)をかけなければ待ち牌の変更はしやすい。


特殊なメンツ構成ですので、符計算はロン・自摸に関わらず
原則25符として計算されちゃうが、50符1翻や30符2ハンとするなどのローカルルールも存在する。


ルールとしては、同じ牌を4枚使用した時に
七対子(ちーといつ)と認めるか否かという取り決めがあるのです。

日本では三人打ち麻雀で認められている場合もあるが、
基本的に認めないものとして打った方が無難ですドラム缶パンチ!o(メ・・)=日☆

なお、各麻雀団体による公式ルールやオンラインゲーム等では原則認められていない。

また、一盃口(イーペイコー)の形が手中に入ることもあるが、
これとは複合することはなく七対子だけとなります。

二盃口(りゃんぺーこー)が入った時は、高い方の得点を取るルールから、
二盃口が優先されてしまう。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀の評判

DORA麻雀の解説を見てみましょう



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

七対子(出現割合:2.52%)
役満である国士無双を除くと唯一の特殊形がこの七対子。
もちろんDORAでは符計算はそのまま採用なので、点数自体 「二飜=1,600/2,400、三飜=3,200/4,800、四飜=6,400/9,600」(子/親)と計算される。
尚、七対子なので同じ槓子(同じ牌が4枚)は認められない。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じ…c(゚^ ゚ ;)ウーン


今から13時間後には待ちに待った大学院2年生の友だちとの麻雀だよ♪
早く来ないかなO(≧▽≦)O ワーイ♪

DORA麻雀の登録方法




おすすめ記事




posted by てるたんたんたん at 08:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。